エンジンとは

エンジン (engine) とは、与えられた入力から何らかの効力を生み出すものを指す汎用語。漢字では機関(きかん)と表記される。主に動力を生み出すものに使用されることが多いがそれには限定されない。 入力には、人力、動物(牛、馬、犬など)、水力、風力などが古くから使われている。石炭を利用した蒸気機関の発達が産業革命を引き起こした。 機械工学分野においては、熱エネルギーを動力に変換する機械・装置を指す。原動機・発動機ともいう。燃料の燃焼・原子力よる熱エネルギーを利用する熱機関は多岐に渡るが、大きく外燃機関と内燃機関に分けられる。また、電力を利用した電動機も広く使用されている。 コンピュータ分野では、CPU(中央処理装置)あるいは、まとまった処理を実行するソフトウェアコンポーネントを指して用いられる。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

自家発電でエコーブームに乗ろう!

最近よく耳にする言葉「自家発電」。良くわからない方もいると思いますが、「太陽光発電」と言えば、ピンとくる人も多い思います。自家発電で最もポピュラーなのが、太陽光発電です。こちらを導入している家庭は年々増加傾向にあります。太陽光発電のメリットはいろいろとありますが、何といっても一番は電力を売ることができることではないでしょうか。家庭の電力を賄うだけでなく、少額ですが、お金が発生するのはお得です。初期投資も10年で回収できると言われています。人気なので設置には時間が掛かると思いますが、待つ価値があるのは確かです。



【PR】 日経225 SEO対策 東京のデートスポット リクルートナースバンク 評判

【PR】 「フェデラルファンド金利」など金融系に関する「F行」の用語は、用語集Fを参考に勉強してみましょう!